不眠症対策の飲み物【シソジュース】

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症対策の飲み物【シソジュース】

不眠症対策の飲み物【シソジュース】のイメージ

シソには赤ジソと青ジソの2種類があり、青ジソの葉は「大葉」とも呼ばれて1年中出回っていますが、赤ジソは梅干しをつける季節である6月から9月頃の間だけ売られています。漢方などで薬として用いられるのは、主に赤ジソのほうです。
シソは、シソ科の一年草で、中国やミャンマーが原産です。日本にもかなり古くから存在しており、縄文遺跡から種が出土しています。江戸時代には薬用されることも多くなりました。
シソは生薬としても使われており、薬効の高さにも定評があります。シソを配合した有名な漢方薬には、半夏厚朴湯(神経症の薬)、神秘湯(気管支ぜんそくの薬)、香蘇散(発熱や頭痛の薬)、参蘇飲(風邪の薬)などがあります。漢方的にいうと、シソは、味は辛(からい)、性質は温(あたためる)で、よい香りが特徴的です。また、ひじょうに軽量であることも大きな特徴といえます。
シソの薬効は香りにあると古くからいわれてきましたが、これはシソの葉に含まれている揮発性の油に(シソ油)によるものです。
香りがよく軽いという性質があることから、漢方的には気(東洋医学でいうところの生命エネルギー)のめぐりをよくする作用があると考えられています。このような性質を利用して漢方では主に胃腸や肺の病状に用います。
不眠の原因にはさまざまありますが、胃腸の働きが悪いことから起こるものも多くあります。シソは気をめぐらせるので、抑うつの原因となる気のとどこおりを取って、気分をふさぐのを防ぐ作用があります。胃腸の働きを正常にする作用とともに、不眠の解消に役立つのです。また、シソは体を温めるため、手足の冷えから寝つきが悪くなる場合にも効果を発揮します。

シソは、生薬を食べるのでは一度に摂取できる量が限られてしまいます。そこで、シソジュースにしておいしく効率的に摂取する方法を紹介します。
シソジュースの作り方は次のとおりです。
まず、シソの旬のころ(6月~9月)に出回る新鮮な赤ジソの生葉を150グラム用意します。これを30分ぐらい水にさらしてアク抜きをします。また、赤ジソの葉を乾燥させたものが生薬として漢方薬局で市販されていますので、そちらを利用してもいいでしょう。この場合はアク抜きは必要なく、量は10グラム用意してください。
これを1リットルの水とともに鍋に入れ、強火で煮ます。沸騰したら弱火にして15分ぐらい似て火を止めます。長時間煮ると香りも飛んでしまい、薬効も落ちてしまいます。
シソの葉は、鍋から取り出してその残りの汁に好みでハチミツを適量加え、甘みをつけたらできあがりです。不眠解消のため、1日に200ミリリットルぐらい飲むといいです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症対策の飲み物【ホットミルク】

不眠を解消させる食べ物【長ネギスープ】

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ