睡眠障害の専門医・専門施設について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠障害の専門医・専門施設について

睡眠障害の専門医・専門施設についてのイメージ

日本は睡眠医学先進国といわれています。世界各国では睡眠医学についての学会がありますが、その中でも日本睡眠学会は、その会員数からしても、また学問的レベルからしても世界の中でもトップのレベルを維持しています。また、多くの研究者が日本からアメリカやヨーロッパに渡り、それぞれの国で指導的な役割をしています。
医学の中では、睡眠医学はどちらかといえば後回しの学問でありました。医療事情の悪い状況では、眠れないことを改善するよりも、当然ながら感染症や一般的な身体疾患の治療が優先されています。しかし最近では、発展途上の国々でも睡眠医学が徐々に発展しつつあります。実際に、このような知識が医療の間に普及することによって、睡眠医学を必要とする多くの人たち、たとえば睡眠時呼吸障害のために日中の活動が十分できない人たちがいることがいることが認識されてきたということがあるかと思われます。睡眠の障害は、また、生活習慣病や気分の障害とも関連があり、より良い睡眠衛生を保つことが、身体的にも精神的にも健康な生活を維持していく上で重要だということが次第に認識されてきました。また、子どもたちの睡眠についての関心も高まり、子どもの睡眠衛生を考える人たちも多くなっています。日本の睡眠科学者たちはこのような状況のなかで、アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジア睡眠学会の中でも、リーダーとして活躍しています。
日本ではここ15年ほどの間に急速に睡眠医学の知識が普及し、専門施設もできてきています。日本睡眠学会では、学会認定制度を2002年にスタートしました。学会認定は、睡眠医療の専門知識をもった、医師、歯科医、検査技師に対して、試験や経験を証明するレポートなどを求め、適正な基準に達したものを認定するという形になっています。

さらには、このような医療を行う施設についての認定を行なっています。医療機関認定は、A型、B型という2つの型を示していますが、これらは診療のレベルを示すものではなく、A型は睡眠障害全般を網羅した医療機関、B型は睡眠時無呼吸症候群などの睡眠呼吸障害についての医療機関を示します。

夜眠れないという症状を1つとっても、さまざまな疾患が考えられます。そういった疾患について、適切な診断を下すためには、適切な検査をする必要があるのです。そのような意味で、専門的な知識をもった睡眠認定医のいる施設を受診することが重要ともいえます。
日本睡眠学会のホームページには、学会認定医と学会認定医療機関のリストがでています。睡眠についての問題が生じたら、お近くにいる専門医・専門施設で受診すると安心です。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠障害【夜驚症・夢中遊行症・悪夢】

厚生労働省報告の「睡眠障害対処の12の指針」について①

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ