不眠症の原因と対策【昼寝のとりかた】

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の原因と対策【昼寝のとりかた】

不眠症の原因と対策【昼寝のとりかた】のイメージ

成長期の子供については、眠ることで成長ホルモンの分泌を促すことになるので昼寝はしたほうがいいでしょう。また、どうしても夜の眠りが分断されやすくなるお年寄りは眠りの不足を補う意味で、夜の睡眠の妨げにならない程度に、昼寝をしたほうがいいでしょう。具体的には15時前に20分から30分間程度がいいといわれています。

しかし、それ以外の、昼間は社会的な活動をしている大人にとっては、昼寝は夜の本来の睡眠に少なからず影響を及ぼしてしまいます。人間は本来、夜の睡眠を充実させるべきであり、昼寝は多少眠くても我慢したほうが健康的といえます。昼寝が記憶機能を強くするということもいわれていますが、実際に社会生活のなかで応用するのはむずかしいことです。

「リラクゼーションセラピー」という日中に2時間ほど睡眠をとることでストレスの改善をはかろうとする療法があります。こういった療法は夜の睡眠にダメージを及ぼすことはないのでしょうか?

最近は駅の構内やデパートなどのなかにも、肩、手、足などのマッサージをしてくれるお店をよくみかけます。疲れきったサラリーマンやOLなどでかなり賑わっていますが、これなどはまさに身体的ストレスの発散の場といえるでしょう。昼間、このように身体的ストレスを軽減しておくと、その夜はストレスを放置しておいたときと比較してぐっすり眠れます。

では、身体的ストレスではなく、精神的ストレスについてはどうでしょうか。ストレスに悩むサラリーマンが、同じように昼間、カウンセリングやヒーリングを受けて精神的な不安を取り除いたとしたら、やはりその夜は不安に起因する悪夢をみるようなこともなく、ぐっすり眠れるものです。そして、昼寝というのはこの精神的なストレスと身体的なストレスの両方の軽減に効果があるので、そういった意味では安らかな眠りに寄与することができるといえます。

まとめると、健康的な大人は昼寝をしないほうがいい、多少のストレスに悩む大人にとっては昼寝は効果的で不眠解消にもつながるでしょう。ただ、同じストレスでも、器質性の精神疾患の領域まで達しているようなストレスを持っている人にとっては、昼寝をしても不眠解消への効果は期待できないでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

快適に眠るために睡眠環境を考えてみる

睡眠時無呼吸症候群とはどういった病気か?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ