快適に眠るために睡眠環境を考えてみる

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

快適に眠るために睡眠環境を考えてみる

快適に眠るために睡眠環境を考えてみるのイメージ

睡眠環境の三大要素は、「温度・湿度」「光」「音」の三つで構成されます。

第一の要素「温度・湿度」については、睡眠のなかでも、とくに入眠時に重要なかかわりをもってきます。入眠にあたって最も快適な室温は二八度前後で、湿度は50~60パーセントとされています。

医学的には「温熱中間帯」という温度があるようです。この範囲内なら人間は安らかな睡眠が得られるという温度の幅なのですが、それによると「25~31度」が範囲とされています。

また、布団はやや固めで、寝返りを打っても布団から出ない程度の広さは必要でしょう。さらに、ある程度の空腹状態で、多少の疲労があったほうが眠りやすくなります。

第二の要素「光」は、目覚めのときに必要なもので、睡眠時には基本的にはないほうがよい、つまり暗闇が最適とされています。しかし、これは個人差があり、暗闇が怖いという人に無理矢理電気を消して寝ろという話は酷です。快適な睡眠には、精神的な安堵感が重要なファクターとなっていますので、恐怖やストレスを感じるような環境は避けるべきです。そういった場合には、淡い照明を使用するなど、自分にとって安心できて、刺激にならない明るさを探してみるのもいいでしょう。

第三の要素「音」についても、目覚めや中途覚醒に必要なファクターなので、入眠時や睡眠中はないにこしたことはありませんが、完全に無音である必要もありません。刺激にならないレベルの、しかも定周期の心地よいリズムの音なら望ましいと思われます。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠を改善対策【健康的な睡眠をとる秘訣】②

不眠症の原因と対策【昼寝のとりかた】

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ