不眠を改善対策【健康的な睡眠をとる秘訣】①

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠を改善対策【健康的な睡眠をとる秘訣】①

不眠を改善対策【健康的な睡眠をとる秘訣】①のイメージ

不眠を改善し、健康的な睡眠をとる秘訣について紹介します。

まず第一に、よく筋肉を使うことです。なかでも足と背中の筋肉を鍛えるとよく眠れます。とくに低血圧の人は夕方になると、だるくなって体が冷えて寝つきが悪くなります。そのため朝は起きるのがつらく、午前中はなかなか仕事や勉強に身が入らないという状態が続くのですが、そんな人はなおのこと、日常生活の中にストレッチや適度な運動を取り入れて、全身の筋肉を動かすことで血流や血圧を保つことが重要になってきます。

二番目としては、寝る直前にお酒を飲まないことです。少なくとも、五時間前には、飲酒するのはやめましょう。お酒を飲んだほうが眠れると思う方もいるかもしれませんが、これには理由があります。確かに「寝酒」という言葉があるくらいですから、心地よい睡眠のためにアルコールが効果を発揮することはあります。

しかしこれは適量の飲酒に限ってのことなので、「飲み過ぎ」あるいは「泥酔」ということになると話は別です。

脳が興奮状態に陥るだけでなく、肝臓をはじめとする消化器系器官がアルコールの分解作業に忙しくなり、形式的には眠っていても、全身状態は多忙を極めていることになるわけです。

また飲酒は習慣になりやすいので、次第に飲酒量が増えていく可能性があります。そうなると、二週間前は一杯でセーブできたのが、一週間前は二杯になり、ついにはキッチンドランカーのようにとめどなく飲み続けることになって、快適な睡眠どころか、体を蝕む原因になってしまいます。

では、適量とはいったいどのくらいの量をさすのでしょうか?人によってアルコール分解酵素の働きに違いがあるので、一概にはいえませんが、平均的な量は以下の量です。

・ウイスキー(水割りシングル)1杯
・ビール 1/2杯
・日本酒 1/2杯
・ワイン ワイングラス1杯

これぐらいなら、入眠儀式としての飲酒で許される範囲といえます。いずれもアルコール量に換算すると約二二グラムに相当する量で、ごはん一杯のエネルギー(約150~160カロリー)に当たります。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠障害に効くサプリメント

不眠を改善対策【健康的な睡眠をとる秘訣】②

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ