睡眠薬を大量摂取すると死に至る理由

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠薬を大量摂取すると死に至る理由

睡眠薬を大量摂取すると死に至る理由のイメージ

小説やテレビドラマなどで、飲み物に睡眠薬を入れられていることを知らずに飲んで死んでしまったり、自殺目的で大量に睡眠薬を服用して死んでしまうというシーンを一度は見たことがあるかと思います。眠ってしまい知らないうちに死んでしまうように思いがちですが、実際はそんな綺麗に楽に死ぬようなことはないようです。

では、睡眠薬を大量摂取するとなぜ死んでしまうのでしょうか?それは呼吸抑制が起きるからです。そもそも睡眠薬は眠りにくい人を眠らせる薬ですから、適量であれば睡眠中枢の神経細胞の興奮だけを抑える作用として働きます。しかし、大量に睡眠薬を服用すると、他の神経細胞にも作用することになり、なかでも呼吸中枢の細胞に働きかけてしまうと、呼吸ができなくなってしまいます。

呼吸ができなくて死んでしまうことになるので、テレビドラマのように美しい女優さんが安らかに死んでいくというようなことはありません。

また、睡眠薬が抑制するのは呼吸中枢だけではありません。循環中枢や心臓の動きまで止めてしまうことになりかねないので重篤な状態に陥ります。心臓が動かなければ体温は低下し、そのまま回復しなければそちらのほうからも死に至ることになります。

最近では、誤飲や自殺防止の観点から、大量摂取しても生命に影響のない睡眠薬の開発が研究されています。とはいっても、いずれにしても薬である以上、十分に注意して、医師や薬剤師の指導を守った服用を心掛けましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠などの睡眠のことを受診するには何科がいいのか?

睡眠薬の副作用にはどういったものがあるか?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ