不眠に効果があるアロマオイル種類②

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠に効果があるアロマオイル種類②

不眠に効果があるアロマオイル種類②のイメージ

【スイートオレンジ】

柑橘系ならではの、甘くフレッシュな香りのスイートオレンジの精油は、オレンジの果皮を圧搾して抽出します。同じオレンジの木の花と葉からはネロリ、プチグレンの精油が採れます。ギリシャ神話のなかで、女神アフロディーテにささげられた黄金のリンゴとは、実はオレンジだったといわれます。少なく高価だったため、ヨーロッパでは17世紀まではほとんど使われることはありませんでした。その後、オレンジの精油は、うつ病、心臓疾患、腹痛などの症状に活用され、誰からも好かれる香りは不眠症の改善にも役立っています。

オレンジの香りは落ち込んだ気分を明るくして、不安や緊張をほぐします。リフレッシュしたいときや、体にエネルギーを与えたいとき、眠りたいのに眠れないときにおすすめの精油です。

注意点としては、肌に塗ったりする場合、刺激を感じることがあるので、キャリアオイルとブレンドする場合は低濃度にしてください。また、使用後6時間は日光に当たらないようにしましょう。

 

【ネロリ】

ネロリの精油は、オレンジの香りをフローラルにしたような、一度かぐと忘れられない美しい香りをもつ、とても高価なオイルです。精油のほとんどがビターオレンジやスイートオレンジの花から抽出されます。作用にあまり差はありませんが、最上のものとされるのはビターオレンジから採れるネロリ・ビガラード油です。ネロリという名前は、イタリアのネロラ公国のアンナ・マリア妃がこの香りを好んで愛用したことに由来するといわれています。今日でも化粧品やオーデコロンの成分としてよく使われています。

不安や落ち込んだ心を解きほぐし、ストレスを減少させて幸福感を与えます。興奮を鎮めて気分を落ちつけるので、眠れない夜や更年期のイライラとした症状にもよいでしょう。

注意点としては、車の運転など、集中力が必要なときは使用をさけてください。

あわせてよみたい不眠症の知識

下あごのずれが不眠の原因!?

不眠に効果があるアロマオイル種類③

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ