うつ病と不眠症の違いとは?

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

うつ病と不眠症の違いとは?

うつ病と不眠症の違いとは?のイメージ

うつ病の人は睡眠に障害がある人が多いといわれています。しかし、不眠の症状を訴える人は少ないといいます。不眠症の場合には、不眠であることを訴える場合が多いようです。実際に見てみると、不眠を訴える人の多くは、本人が思っている以上に眠れている場合が多いようです。睡眠中目が覚めてしまったり、眠りが浅いと感じていても、意外と眠れているのだそうです。不眠症だと思っている人は、いつも寝ている布団では眠れないと感じている人も多いようですが、カウンセラーがそばにいるだけで安心して眠れるということもあるそうです。不眠の人は不眠以外の面では元気に見えることが多いようです。

ですから、まずは昼間の活動量を増やしてみましょう。ストレッチやエクササイズ、ウォーキングなどを取り入れることで改善される場合が多いようです。ただ不眠症の中にも不眠を恐怖に感じてしまう感覚がある場合があり、神経症のような症状を訴える人もいるようです。うつ病が原因の不眠の場合には、カウンセリングや抗うつ薬を取り入れた治療が必要となります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症のイメージと実際

主観的な不眠と客観的な障害

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ