不眠症のイメージと実際

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症のイメージと実際

不眠症のイメージと実際のイメージ

不眠症というとなかなか眠れないものというのが一般的なイメージです。ですから、もし不眠症であっても自分では気がついていない人が多いのが現状です。睡眠に障害があり、それが慢性化してしまっている状態だと、不眠症と判断されるのですが、定義はひとつではなくいろいろあるので、もしかしたらと思う場合には、診察を受けてみるといいようです。

不眠の代表的な症状である寝つきの悪さは、寝る前にいろいろなことを考えてしまう人が起こりやすい症状といわれています。不安なことがあり、寝る前に考えることで眠れなくなり、それが慢性化してしまうのです。寝つきがよければ不眠症とは思っていない人が多いと思いますが、夜中に何度も目を覚ますというのも、不妊症のひとつの症状ですし、朝早くに目が覚めてしまい、そのあとなかなか眠れないというのも不眠の症状のひとつなのです。眠りに対する悩みはあっても、自分は不眠症だなんて考えたことがない人もたくさんいるでしょう。

ただ、不眠症はけっして珍しいものではないのです。現代人は5人に一人は睡眠に対して何かの障害がありといわれています。もし気になることがあればまず 病院を受診してみましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠と睡眠不足の違いとは?

うつ病と不眠症の違いとは?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ