不眠と睡眠不足の違いとは?

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠と睡眠不足の違いとは?

不眠と睡眠不足の違いとは?のイメージ

不眠も睡眠不足も、どちらも昼間に眠くなるので同じように感じますが、不眠と睡眠不足は違うのです。睡眠時間は人それぞれ適切な時間が違うので、睡眠不足は人によって違ってきます。7時間寝ないと寝不足に感じる人もいますし、4時間の睡眠でも十分な人もいます。適切な睡眠時間は個人差があるので、自分で判断するしかありません。4時間の睡眠でも自分が元気に動けるなら、それが最適睡眠時間なのです。

不眠は、おきているときに眠気を強く感じ、精神的にも肉体的にも苦痛な状態のことを言います。日本人の5人に1人は睡眠不足といわれていて、不眠の症状にも、寝つきが悪いものや途中で何度も目が覚めてしまうもの、朝早く目が覚めてなかなか眠れないものなどがあります。不眠の症状が1ヶ月以上続くようなら問題となり、治療をすることをオススメします。

不眠や睡眠不足が続くと、気持ちが不安定になったり、集中力が減ったり、作業能力が減ると言われています。体の調節する働きも悪くなるので、心疾患、糖尿病等のリスクも高まるといわれてます。大切なのは良質な睡眠なのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

スリープセレモニー

不眠症のイメージと実際

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ