ストレス解消法の考え方

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ストレス解消法の考え方

ストレス解消法の考え方のイメージ

不眠の原因はいろいろありますが、ストレスも大きな原因となります。現代はストレス社会といわれおり、多くの人がストレスを感じています。そのストレスに適応していくための対処法を紹介します。

まずは、「問題中心対処」です。問題中心対処は、まず段階ごとに問題を考えて見ましょう。そして、問題の解決法をいくつか考えます。考えるだけなので、布団の中でもできる方法です。ただ、考えすぎは不眠の原因となってしまうので、出来るだけ楽しく、わくわくするような解決法を考えましょう。次に状況をもっと詳しく調べたり、問題解決のために積極的に行動してみましょう。また、家族や友人、専門家などに相談してみるのもいいでしょう。

もうひとつの方法に、「情緒中心対処」があります。悩んでいる出来事のプラスの面を見つけたり、一歩下がって冷静に出来事を見直してみましょう。どうにかなると考えて心配しすぎないようにすることも大切です。今の苦労をいい経験と考えたり、心を落ち着かせる、好きなことで気を紛らわすのも効果的です。そして、一番いい方法でなくても受け入れましょう。これは、災い転じて拭くとなすという考え方です。

気をつけたい考え方は、自分を責めたり、変に期待をすること、問題から逃げることです。問題の原因が自分だけの責任だと思い込んだり、自分がもっと強かったらなどと考えすぎないようにしましょう。良いときのことばかりを考えたり、誰かが助けてくれることだけを願うのもやめましょう。人にやつあたりをして発散したり、暴飲暴食で発散するのも良くありません。このような考え方では、不安やストレスが強くなり、不眠の症状が悪化してしまいます。

考え方を少し変えて、ストレスと正面から戦うだけではなく、回避する方法も考えましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

ギャバのリラックス効果で不眠解消

快眠のコツ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ