体を温めて不眠解消

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

体を温めて不眠解消

体を温めて不眠解消のイメージ

冷え性は女性に多いといわれていますが、最近は男性にも冷え性の人が増えているといわれています。冷え性出からだが冷たいと、なかなか寝付くことができずに、冷え性の原因となってしまうこともあります。冷え性による不眠を解消するためには、冷え性を改善することが大切です。

体の中心の体温のことを、深部体温といいます。深部体温は1日の間に1から1.5度変化します。夕方から夜が最も高くなり、早朝には一番低くなるのです。深部体温が下がっていくときに眠気を感じるので、まずは深部体温を上げることで、急激に体温が下がることで良く眠れるようになるのです。

しかし、冷え性の場合には血液循環が悪く深部体温をうまく下げることができません。このことが不眠の原因となってしまうのです。

深部体温を上げるには、お風呂に入ることも効果的です。お風呂に入ると体が温まり、深部体温も上がります。そして、血行も良くなるので、深部体温が下がりやすく、眠くなりやすくなります。寝る1時間ほど前にお風呂に入ると眠る頃には丁度体温が下がってくるので、眠りやすくなるのです。お風呂の温度は38から40度のぬるめのお湯がオススメです。熱すぎるお湯に入ると眠気が減ってしまいます。

リラックス効果をプラスするにはアロマオイルを湯ぶねにたらすのもいいでしょう。冷え性を改善するにはカモミールやオレンジスイートがよいといわれています。

あわせてよみたい不眠症の知識

刺激制御療法とは

体を温めて不眠解消2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ