睡眠スケジュール法で不眠治療2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠スケジュール法で不眠治療2

睡眠スケジュール法で不眠治療2のイメージ

睡眠を良くとれる人は寝床は睡眠という式になりますが、不眠に悩む人は寝床は不眠というイメージがついてしまいます。そのイメージを変えるためにも、寝床は眠るためだけにつかうようにしましょう。

昼間に眠気を感じることもあると思います。しかし、睡眠スケジュール法を行っているときには昼寝や居眠りはしないようにし、活動を続けましょう。長くおきていることで睡眠欲が高まり、夜に眠りにつきやすくなります。

このスケジュール法を1週間実践してみましょう。睡眠日誌も続けておくと眠れるようになったことを実感できます。うまく眠れない場合でも原因や対策のヒントが見えてくるでしょう。

実際に眠れた時間を睡眠効率といい、寝床にいる時間の85パーセント以上眠れるようになったら、睡眠時間を15分増やしてみましょう。睡眠効率が上がらない場合には、目標を変えずに続けていきましょう。80パーセント以下の場合には、5時間を下回らなければ15分減らすこともあります。不眠に悩んでいる人は睡眠スケジュール法を実践してみてはいかがでしょうか。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠スケジュール法で不眠治療

刺激制御療法とは

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ