赤ちゃんの夜鳴きと自律神経のバランス

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

赤ちゃんの夜鳴きと自律神経のバランス

赤ちゃんの夜鳴きと自律神経のバランスのイメージ

赤ちゃんが夜中に突然泣き始める夜鳴き。誰もが通り、成長のしるしともいわれていますが、毎晩夜泣きが続くと、赤ちゃんも睡眠不足になってしまいます。ママも寝不足になってしまいますし、睡眠リズムが乱れて不眠の症状が出てしまうことも考えられます。

夜泣きの原因は明らかにはなっていません。外出や来客などの刺激による自律神経のバランスや、気温の変化、消化不良や下痢など体の不快感なども原因といわれています。健康を維持するためには良質な睡眠が必要です。

夜になると分泌されるホルモンである、メラトニンは、睡眠を促してくれるだけではなく、免疫力を高めてくれる働きもあるようです。睡眠がしっかり取れていないとホルモン分泌が乱れ、自律神経のバランスも乱れてしまいます。大人の睡眠不足も健康維持にためには問題となりますが、。赤ちゃんも同じことが言えます。

メラトニンは1歳から5歳の頃が最も多く分泌されるといわれているので、夜泣きでぐっすりと眠れないことにより、赤ちゃんの自律神経のバランスも乱れてしまうのです。赤ちゃんが夜泣きをすると抱っこしてあやしたり外に連れ出したり、車でドライブに連れて行くなど、いろいろな対策を行いますが、興奮した自律神経を沈めたり、胃腸を整えるなど根本的なバランスを整えることも必要です。

夜泣きに効果的な薬もあります。赤ちゃんに薬を飲ませるなんてと思うかもしれませんが、自然由来の生薬成分から作られた薬もあります。「宇津救命丸」はそんな生薬で作られた成分のひとつで、自律神経のバランスを整えてくれるお薬です。胃腸を整えたり、体質を強くする効果もあるようなので、なかなか夜泣きがおさまらない場合には取り入れてみるのもひとつの手です。

 

あわせてよみたい不眠症の知識

悪夢の原因と解消法

睡眠スケジュール法で不眠治療

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ