不眠に効果があるアロマオイル種類①

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠に効果があるアロマオイル種類①

不眠に効果があるアロマオイル種類①のイメージ

【クラリセージ】

クラリセージは歯にも茎にも甘い芳香があり、イギリスではビールを醸造するときのホップにも代用されていました。かつて「キリストの目」と呼ばれ、目を清浄する粘液を出す性質が利用されたためだと思いますが、「清浄な」あるいは「明るい」を意味するラテン語の「クラルス」から名前が由来したそうです。その精油はほんの少量で効果を発揮し、精神をリラックスさせて幸福な気持ちをもたらしてくれます。セージとは同じシソ科ですが、精油の性質はまったく異なります。

【効果】

気が張って落ち着かない、ストレスや不安におそわれて寝つけないといったとき、神経の緊張をやわらげて感情の高まりを鎮めてくれます。精神的なストレスが原因と思われる筋肉のこりや痛み、頭痛を緩和する効果もあります。

鎮静効果が高いので、車の運転前やアルコールを飲むときは服用しないようにしてください。妊娠中の使用も避けましょう。

 

【サンダルウッド】

甘くエキゾチックでセクシーな木の香りがします。精油として使われるのは木部の内奥部分(心材)で、サンダルウッドの樹齢60年ほどの成熟した木を使います。一番質のいい木はタンスなどを作るのに使用され、削り残りである心材が蒸溜されます。最上の品質の精油はインドのマイソール産のものといわれています。サンダルウッドの木はインドでは寺院や家具を作ったり、薫香として鎮痛作用のある香りは瞑想などに利用されてきました。今でも宗教的儀式に使われますが、近年は樹木が希少になり、精油を蒸溜するためにだけ使われています。

【効果】

神経の緊張と不安をやわらげ、気分を鎮静させます。心配事があって眠れないときなどは、心をリラックスさせて充実感に満たしてくれます。催淫作用があるので性クシーナ気分にさせる力も秘めています。

使用上の注意点としては、抑うつ状態のときは使用を控えましょう。衣類につくと香りがなかなかぬけません。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠障害の治療方法【電気睡眠療法】

歯ぎしりの原因と予防法

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ