悪夢の原因と解消法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

悪夢の原因と解消法

悪夢の原因と解消法のイメージ

眠っているときの夢は楽しい夢を見たいものです。しかし、毎回そううまくはいきません。中でも恐怖を感じたり強い不安を感じる悪夢を見ることもあるでしょう。

悪夢を見てしまうと、もう一度眠ろうと思っていても、また同じ夢を見るのではないかと、怖くて眠れなくなってしまうことがあります。それを悪夢傷害といいます。

悪夢を見るのは大人よりも子供のほうが多いようです。6歳から10歳が悪夢を見るピークといわれていて、成長とともに減っていきます。悪夢の原因と考えられているのは、精神疾患や薬剤のほか、性格、心の傷、ストレスなども大きく影響しているようです。

命の危険を感じるような事件などにあった場合には、心的外傷後ストレス障害といい、その8割が事件に関する悪夢を見るといわれています。3ヶ月ほどで見なくなるのが一般的ですが、中には一生悩まされている人もいるようです。心的外傷後ストレス障害の場合は、治療をする必要も出てきます。まずはカウンセリングを受けましょう。

心的外傷後ストレス障害出なくても、悪夢を見る回数が多かったり、悪夢でなかなか眠れないなどの場合には、病院を受診しましょう。

 

 

あわせてよみたい不眠症の知識

金縛りと不眠症

赤ちゃんの夜鳴きと自律神経のバランス

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ