歯ぎしりの原因と予防法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

歯ぎしりの原因と予防法

歯ぎしりの原因と予防法のイメージ

上下の歯を食いしばり、ぎりぎりと音が出る歯ぎしり。人によっては上下の歯をカチカチ鳴らす人もいるようです。歯ぎしりは、一緒に寝ている家族にとっては眠れない原因となってしまうひとつです。またそれだけではなく、強くこすり合わせることではが削られてしまったり、あごの関節が痛くなってしまうこともあるようです。

歯ぎしりの原因ははっきりとはわかっていませんが、ストレスや飲酒、喫煙、カフェインなどが影響しているのではないかといわれています。また、遺伝的な影響も大きいといわれています。おきているときには悔しいときにする歯ぎしりですが、寝ているときに歯ぎしりをする人も、ストレスや不安を感じている場合が多いと考えられています。

しかし歯ぎしりをすることによって、ストレス度が低くなっているという調査もあるようなので、ストレス解消に一役買っているのかもしれません。

とはいえ、歯ぎしりをしている人のうち、半数が歯やあごに影響が出ているといわれています。家族が眠れないなどの影響もあるので、歯ぎしりを減らしたいですね。歯ぎしりをおこすメカニズムは、まだはっきりと解明されていないので、完全に治す治療法はありません。

しかし、ストレスを減らすことで解消できるとも考えられているので、寝る1時間前にはリラックスして自分の時間をゆっくりと過ごすといいでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠に効果があるアロマオイル種類①

寝言の原因と解消法

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ