体内時計と朝ごはん

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

体内時計と朝ごはん

体内時計と朝ごはんのイメージ

夜になかなか寝付けない、途中で何度も目が覚める、朝早く目が覚めてそれから眠れないなど、不眠の症状を感じている人は増えているといわれています。不眠症の原因はストレスなどいろいろなことがあるようですが、不眠の原因のひとつとなる体内時計の乱れ。

朝起きる時間を一定にしたり、昼寝をしすぎないなど、正常にする方法がありますが、重要なことのひとつに、朝ごはんを食べることがあります。最近は時間がないなどで、朝ごはんを食べない人も多いようですが、朝ごはんをしっかりと食べることで、胃腸が動き出します。

また、良く噛んで食べることで能が刺激され、体を活動モードに切り替えてくれるのです。朝の決まった時間に光を浴びることも、体内時計を正常化する効果がありますが、朝ごはんを食べるというのも大切です。

少し早めに起きて、朝ご飯はしっかりと食べるようにしましょう。そのためには夜は早めに寝るなど、生活習慣を整えることが大切になりそうですね。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症と光の関係

いびき解消法

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ