不眠症と光の関係

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症と光の関係

不眠症と光の関係のイメージ

不眠症に大きくかかわりのある体内時計。体内時計が乱れてしまうことで不眠を引き起こしやすくなってしまいます。

体内時計を乱してしまう原因のひとつに光があります。夜になるとメラトニンという眠くなるホルモンが分泌されることで、体が休息し、朝に光を浴びることでリセットされ目が覚めるのですが、夜に強い光を浴びることで、夜でもメラトニンが分泌されにくくなってしまい、体内時計が乱れてしまうのです。

現代は夜でも空いているお店がたくさんあったり、光が多い環境となっています。外の光だけではなく、テレビやパソコン、携帯電話の光も意外と強いものです。最近は寝る直前まで携帯を見ていたりテレビをつけているという人も多く、そうする事で光の刺激が与えられ、不眠症を引き起こしてしまっていることも考えられます。

夜になったら出来るだけ強い光を浴びないようにして、体内時計を正常に整えましょう。寝るときにもできるだけ光を浴びない部屋で寝ることをオススメします。そして朝になったらカーテンを開けて光を浴び、体内時計をリセットしましょう!

あわせてよみたい不眠症の知識

高齢と不眠の関係

体内時計と朝ごはん

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ