高齢と不眠の関係

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

高齢と不眠の関係

高齢と不眠の関係のイメージ

現代人は不眠に悩まされている人が多いといわれていますが、60代になる頃からぐんと増え始め、80代になると30パーセントが不眠に悩まされているといわれています。

不眠症の原因はメラトニンというホルモンが関係していることもあります。メラトニンは眠くなるホルモンなのですが、年齢を重ねるたびに減少しているといわれています。睡眠を導くホルモンであるメラトニンが減少することから、不眠症になりやすくなってしまいます。

また、高齢になると、仕事をやめたり、活動的に動かなくなってしまいます。それでは日中に運動不足となり、不眠を引き起こしてしまうこともあります。暇をもてあまし日中に昼寝をしてしまう場合にも、体内時計を乱してしまう原因となります。不眠を改善するには、メリハリのある生活をすることも大切です。

超高齢化社会が訪れるといわれている現代、不眠症に悩むことがないように、気をつけたいものです。とはいえ、現代は生活習慣が乱れやすくなっているので、不眠に悩む人は、病院を受診するのもひとつの手です。

あわせてよみたい不眠症の知識

メラトニンの仕組みとは

不眠症と光の関係

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ