メラトニンの仕組みとは

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

メラトニンの仕組みとは

メラトニンの仕組みとはのイメージ


メラトニンは睡眠と大きく関係しているホルモンです。メラトニンは、夜になると分泌される眠くなるホルモンです。しかし、メラトニンは明るいところでは分泌が減少してしまいます。ですから夜になっても強い光を浴びているとメラトニンが分泌されにくくなり、眠くならないので不眠症を引き起こしやすくなるのです。

メラトニンが分泌されないことで、体が休む時間だという情報が届かなくなってしまうので、睡眠のリズムがおかしくなり、体内時計も乱れてしまうのです。夜に強い光を浴びることは不眠症につながってしまうので、夜にはなるべく強い光を浴びないようにしたいですね。

メラトニンは年齢が高くなるに連れて分泌量が減ると言われています。年齢を重ねると朝早く目が覚めたり、夜中に何度も目が覚めたり、眠る時間が短くなってしまうのは、そのためだとも言われています。

心地よく眠るためには、メラトニンが正常に分泌されることが大切です。生活習慣を整え、体内時計がしっかりと働くようにしましょう。それが不眠解消の第1歩です。

あわせてよみたい不眠症の知識

体内時計を正す方法

高齢と不眠の関係

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ