生活習慣と不眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

生活習慣と不眠

生活習慣と不眠のイメージ

不眠の原因のひとつとなっている体内時計の乱れ。乱れる原因は、生活習慣の乱れだ関係しているようです。

たとえば、夜に強い光を浴びることが原因となっていることがあります。夜になると、メラトニンという眠くなるホルモンが分泌されて、自律神経が休息モードになります。そして、朝になり、光を浴びることで網膜が刺激され、体内時計がリセットされ、活動モードになる仕組みです。しかし、夜遅くまでテレビを見たり携帯を使ったりと強い光を浴びることで、メラトニンが分泌されず、体がまだ眠る時間ではないと勘違いしてしまい、体内時計が乱れてしまうのです。

そのほかにも、休日に寝だめをしたり、朝二度寝をしたり、長時間の昼寝などが、体内時計を乱す原因となってしまうようです。また、夜にたくさん食べたりたくさん飲んだりすることで、消化器官が動き出すので、体内時計を活動時間にしてしまい、体内時計にずれが生じてしまうのです。

最近は不規則な生活をしている人が多く、いらいらしやすかったり、うつのような症状のある人が増えているといわれています。それも体内時計の乱れが原因でのひとつであるといわれています。うつ以外にも、高齢者の場合、認知症のリスクが高まるともいわれています。

仮眠をとる場合には30分以内にしたり、朝も10時くらいまでにはおきるということなどに気をつけて、体内時計が乱れないように生活を整えましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

体内時計の乱れと危険性

体内時計を正す方法

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ