不眠とホルモンと血圧の関係

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠とホルモンと血圧の関係

不眠とホルモンと血圧の関係のイメージ


不眠症の原因のひとつとなっている体内時計。体内時計が乱れてしまうと、生体リズムが崩れて、くるってきてしまいます。そして、生体リズムが乱れることで、睡眠だけではなく、ホルモンや血圧、
神経までに悪影響を与えてしまいます。

生体リズムが乱れてしまうことで、食欲をアップさせるホルモンが増加し、食欲を抑えるホルモンが低下してしまいます。ですから、食べ過ぎにつながり、肥満を招いてしまうのです。

また、自律神経も切り替えがうまくいかなくなってしまうので、血圧がうまくコントロールできず、高血圧になりやすくなってしまいます。

また、高血圧の人の場合には症状を悪化させてしまう危険もあるようです。生体リズムが狂うことでインスリンにも影響があり、インスリンの分泌が低下してしまうことで、血糖値が高まりやすくなり、糖尿病になりやすいともいわれています。

不眠症と関係のある体内時計が乱れることで、体にいろいろな悪影響を及ぼしてしまうようです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症と偏頭痛

体内時計の乱れと危険性

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ