不眠症と更年期障害の関係とは?

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症と更年期障害の関係とは?

不眠症と更年期障害の関係とは?のイメージ

女性ホルモンには、ストレスをやわらげてくれる働きがあるのを知っていますか?ですから、女性ホルモンが減少してしまうとストレスを強く感じ、不眠の症状を引き起こしてしまうことがあります。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことのひとつに更年期障害があります。更年期障害は女性特有の症状ですが、この更年期障害が原因で不眠症をひき起こしてしまう場合があるのです。

この更年期障害は周りに理解を得にくいものともいえます。そのストレスがさらに不眠の症状を悪化させてしまうこともあるようです。

 

また、更年期障害は年齢が上がった女性に見られる症状です。人は年齢が上がると睡眠時間が短くなっているといわれています。ですから、更年期の頃と20代の頃では睡眠時間が違ってきて当然なのです。それなのに、20代の頃よりも眠れなくなったからといって、不眠症ではないかと勘違いしてしまうこともあるようです。

以前と比べて眠れなくなったからといって、必ずしも不眠症も症状であるとは限りません。寝起きがすっきりとしていて、体に疲れが残っていない場合には、不眠症であると考えなくても大丈夫のようです。

あわせてよみたい不眠症の知識

中途覚醒の特徴とは

不眠症と偏頭痛

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ