不眠を改善するアロマテラピーのやりかた②

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠を改善するアロマテラピーのやりかた②

不眠を改善するアロマテラピーのやりかた②のイメージ

【ディフューザーを使う】

電動式のエアポンプによる空気の圧力で、精油の香りの微粒子を空気中に拡散させるのがディフューザーです。オイルウォーマーなどに比べると、香りを広げる力が断然強く、わずか5分間の作動だけで、約1時間の香りが持続します。熱を加えないから安全で、しかも原液を薄めずに使うため、精油そのものの香りを長い時間楽しめるのが特徴です。広い空間やたくさんの人が集まる場所、パーティーなどに向いています。精油の作用を上手に利用して、部屋の空気を殺菌しながら、雰囲気をつくるのに役立ちます。

【ハーバルインセンスを使う】

インセンスとはお香のことです。精油やハーブなど自然の香りを詰め込んだのがハーバルインセンスです。火をつけると煙がスッーと立ちのぼり、香りが広がります。ベースは古来から使われている、乳香や没薬、安息香などです。手軽に楽しむなら既成品を使用するといいでしょう。また、精油やハーブを選んでオリジナルのインセンス作りを楽しむこともできます。

【アロマキャンドルを使う】

精油で香りをつけたキャンドルは、炎のよる視覚的な心への作用も期待できて、より効果的にアロマテラピーを楽しめます。既成品の種類も豊富です。普通のロウソクを灯してから一度火を消し、溶けたロウに精油を落として再び火をつけるだけでも、香りのキャンドルになります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠を改善するアロマテラピーのやりかた

不眠症と病院

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ