不眠を改善するアロマテラピーのやりかた

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠を改善するアロマテラピーのやりかた

不眠を改善するアロマテラピーのやりかたのイメージ

【ハンカチやマグカップを使う】

時間と場所を選ばずに楽しめ、しかも即効性の高い方法です。好きな香り、あるいは不眠に効果がある精油を選んだら、ハンカチやティッシュペーパー、コットン、またはお湯か水を入れたマグカップなどに1~2滴精油を落とします。たちのぼる香りに鼻を近づけて深呼吸をしましょう。マグカップを使う場合はカップを鼻に近づけ、手で鼻先に風を送りながら香りをかぎます。部屋の中だけでなく、オフィスや学校、旅先などでも気軽に使える方法なので、こっそりと瞬間的に気分転換したいときや二日酔いにもおすすめです。精油を含ませたハンカチなどを携帯して利用するのもいい方法です。

【オイルウォーマーを使う】

香りは熱を加えると、より強く香ります。その特性を利用して簡単にアロマテラピ―ができる代表的な専用器具が、オイルウォーマーです。オイルウォーマーは、精油を加えた水をロウソクの炎で温めることで、水分の蒸発とともに精油の香りを拡散させます。ぬくもりのあるロウソクの炎がアロマテラピーの効果をいっそう高めてくれます。ただし、くれぐれもロウソクの火には注意しましょう。器具のまわりに燃えやすいものは置かないようにするとともに、空焚きしないように香りが立つうちは差し水をするようにしましょう。

【アロマライトを使う】

アロマライトは、電球の熱で精油を温めて香りを拡散させるものです。15ワットほどの小さな明かりから、ほのかな香りが漂ってきます。オイルウォーマーとは違って火を使わないので、寝室やベッドサイドで使用するのに最適です。また、子供がいる部屋でも安心して使えます。使い方は簡単で、アロマライトの上部の皿に精油と、器具によってはお湯か水を入れて明かりをつけるだけです。精油の種類にもよりますが、約5滴で2時間ほど香りが持続できます。精油がなくなったあとは、そのままルームライトとして活用することができます。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠の治療方法【弛緩療法】②

不眠を改善するアロマテラピーのやりかた②

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ