睡眠障害の治療方法【睡眠制限療法】

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠障害の治療方法【睡眠制限療法】

睡眠障害の治療方法【睡眠制限療法】のイメージ

睡眠制限療法というのは、就寝時刻を設定して、睡眠障害がもたらす不安緊張をやわらげる方法です。不眠症の患者は、睡眠時間に対し、就寝時間が多くなりがちです。つまり少しでも多く睡眠をとろうとして、寝床で過ごす時間が長くなってしまうのです。しかし、それではかえって不眠を強く意識して、不眠症状がますます増長されます。それを避けるために、患者の日頃の睡眠時間に合わせて、就寝時刻を設定します。

例えば、普段は午前0時頃に就寝してもなかなか入眠できず、3時間しか睡眠がとれずに、午前6時頃に起床するといった状態が続いているとしましょう。その場合、3時間しか睡眠がとれていないわけですから、あえて午前3時に床に入るように指導します。そうして5日連続で午前3時から午前6時の時間帯の9割以上、睡眠がとれるようになったら睡眠時間を30分から1時間程度延長させます。就寝時刻を午前2時から2時30分に早めるわけです。つまり睡眠時間の長さに応じて、就寝時刻をずらして調整し、在床時間と睡眠時間の長さが同じなるようにするのです。

睡眠制限療法によって、少なくとも寝床にいる間は睡眠がとれているという認識が強くなります。寝床に入る前、眠れないことへの不安や緊張があったのが軽減され、入眠と睡眠の持続がうながされます。結果として、睡眠時間の延長が期待できるわけです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠解消法 アロマテラピーが効くしくみ

不眠の治療方法【弛緩療法】

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ