不眠解消法 アロマテラピーとは

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠解消法 アロマテラピーとは

不眠解消法 アロマテラピーとはのイメージ

レモンの香りをかぐと、さわやかな気分になったり、ペパーミントの香りですっきりすることはありませんか。アロマテラピーとは、ハーブなどの自然植物が生み出す芳香の成分を利用して、肉体や精神を健康にするという自然療法のひとつです。アロマは「芳香」、テラピー「療法」を意味します。

一般的に、アロマテラピーとは植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使った健康法と定義されています。しかし、精油に限らず、ハーブティーを飲んだり花の香をかいだり、心と体によい結果をもたらすさまざまな植物の香りの利用法すべてを、広い意味でのアロマテラピーと捉えることができます。

療法というと、病気やケガを治すために用いられるものと思われがちですが、アロマテラピーは予防という面ももっています。人間には本来、自己治癒力(自分で治そうとする力)が備わっていて、ストレスなどの影響でこの力が発揮できなくなると病気になることがあります。

たとえば、眠れないようなときにやさしい香りをかぐと、なんとなく落ち着いたり、気分が悪いときにはスッとするお茶を飲むことで回復できたり。香りは心身をリラックスさせ、自己治癒力を高める効果があるのです。

ただ、不眠に効くといわれる香りでも、本人の心と体が受けつけない、嫌いな香りを嗅いでも効果は期待できません。まずは、嗅いだときに心地良いと感じる、好きな香りを見つけることが大切です。

あわせてよみたい不眠症の知識

産後の不眠症

不眠解消法 アロマテラピーが効くしくみ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ