不眠改善の第一歩は自覚すること

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠改善の第一歩は自覚すること

不眠改善の第一歩は自覚することのイメージ

なかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりと、不眠の症状があるのに、自覚していない人も多いようです。急に寝つきが悪くなったりした場合には、不眠症かもしれないと思うのですが、学生時代など、以前から症状が続いている場合には、それが普通と思い込んでしまっていることもあるのです。

寝つきが悪かったり、夜中にチョコチョコ目が覚めてしまうなんていう場合には、不眠症の疑いがあるのです。一般的には、布団に入ってから眠るまでに30分以上かかてしまう場合、不眠症の疑いがあるといわれています。

また、夜中に目が覚めていないと思っていても、気がつかないだけで目を覚ましている場合があるようです。日中に眠くなりやすかったり、疲れがたまっていると感じることが多い場合には、不眠症を疑ったほうがいいかもしれません。

自分では眠れていると思っていても、客観的に見た場合、不眠症の症状が明らかになる場合もあります。不眠症を治療するには、まず自分で不眠症であることを自覚しなくてはいけません。疲れやすいと感じている人は特に、自分の睡眠を客観的に考えてみてはいかがでしょうか?

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠の原因、気がつく人と気がつかない人

不眠症が引き起こす体の不調

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ