不眠が続くと起こる影響

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠が続くと起こる影響

不眠が続くと起こる影響のイメージ

睡眠は、起きている時間を心地よく充実させるために、心も体もしっかり準備するための時間といえます。すべきこと、したいことが多い現代では、睡眠時間を削って、使える時間を増やしている人が多くみられます。

しかし、必要な睡眠時間は人によって異なります。自分にとって必要な睡眠が不足し続けると、やがて限界点に達して何らかの不調となって返ってきます。また、睡眠時間は十分でも、熟睡できていないと睡眠の質が悪く、睡眠不足と同様の現象が起こります。

人間は眠らずには生きていけません。どんなに睡眠時間を削って頑張っても、限界点を超えると眠けに襲われます。たとえば、日中に電車の中で居眠りをすることは、電車の心地いい振動と睡眠のリズムからいって心配することではありません。しかし、下車駅を寝過ごすほど寝入ってしまうのは、睡眠が足りていないと考えられます。

不眠などの理由で睡眠が不足すると、まず単純作業の能率が簡単に低下します。そのうち、根を詰めた仕事や作業も持続しにくくなります。集中力や注意力、記憶力が低下して、ミスをしやすくなります。イライラしたり、怒りっぽくなることもあります。車の運転は特に要注意ですね。

こうした状態は睡眠の量と質を改善することで治りますが、慢性的に不眠が続くと、うつなどの気分障害が起こりやすくなります。血糖値や血圧なども上がりやすくなり、治療薬を飲んでも効果が上がりにくくなります。

最近の研究では睡眠不足は肥満とも関係があると考えられています。アメリカでの研究によると、平均睡眠時間が4時間の人は7~9時間の人に比べて、肥満と判断される人の割合が7割くらい高いという結果が出ています。

睡眠が足りないと、食欲を抑えるレプチンというホルモンと、食欲を促すグレリンというホルモンのバランスが乱れ、結果として食欲が増すのではないかと推測されています。夜中に起きていると、つい食べものに手が出やすくなることもあるかもしれません。夜遅くに食べたものは脂肪として蓄積されやすいこともわかっています。食事を減らして運動をしてもやせない人は、よく眠れているか見直すことも必要かもしれませんね。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠が続くと起こる影響

不眠の原因、気がつく人と気がつかない人

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ