不眠症における中途覚醒について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における中途覚醒について

不眠症における中途覚醒についてのイメージ

いったん眠ったのに、夜中に何度も目が覚めて、再び眠るのに時間がかかる症状を中途覚醒といいます。

強いストレスがあると、そのことが気になって、なかなか寝つかれず、やっと寝ついても、熟睡できず、途中で何度も目が覚めてしまうことがあります。さらに夜中に目覚めてしまうことの不安感から、眠りが浅くなるといった悪循環になることもあります。ストレスが強い場合には、一人で抱え込まず、早めに睡眠の専門医に相談するのがいいでしょう。

「お酒を飲まないと眠れない」といった人も要注意です。適量のアルコールは確かにストレス解消に役立ち、寝付きをよくします。しかし、寝入ってからの中途覚醒を引き起こします。寝酒は決して良い習慣ではありません。

女性は、月経前になると夜の眠りが浅くなり、途中で目覚めることがあります。妊娠後後期も眠りが浅くなりやすく、さらに授乳中は子育てで夜中に起きなければならず、それがストレスとなることもあります。なかには、夜中に子供の世話をすることがなくなっても、その時期のリズムの乱れを持ち越して、夜中に目が覚める人もいます。更年期の頃には、さまざまなストレスや体調不良から、夜中に目覚めることがあります。

さらに年を重ねると、トイレが近くなったり、体内時計のリズムの変化なども影響して、夜中に目が覚めやすくなります。介護経験者では、夜中に介護してときのリズムを引きずって、目が覚めてしまう人もいます。

夜中に目が覚めても、少し経つと眠れる場合は心配ないのですが、なかなか寝つけず、熟睡感がなくなってくると、日中の生活に悪影響を及ぼします。この場合、できれば、日中のなるべく早い時間帯に15分程度の仮眠をとり入れてみましょう。ただし仮眠時間が長くなったり、午後の遅い時間帯に組み込むと、寝つきが悪くなったり、中途覚醒を悪化させるので注意が必要です。トイレが近い場合は、水を使わずに口の中で溶かして飲むタイプの睡眠薬もあります。

中途覚醒は、何らかの症状や病気が原因で起こることも少なくありません。たとえば、からだの痛みやかゆみ、せきなどの症状がある場合は、まず、それぞれの病状をやわらげることが先決です。

中途覚醒は、脚がむずむずしたりピクついたりして起こることもあります。高血圧や糖尿病などのために起こることもあります。

いびきを書いているといわれたり、目覚めたときにのどや口が渇いている場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性を考えます。この病気では、本人は十分眠っていると思っていても、睡眠中に呼吸が止まり、そのたびに目覚めた状態になっています。太った男性に多いといわれてきましたが、女性にも、更年期ごろから増えてきます。

また、妊娠して太ったために、発症することがあります。妊娠中に無呼吸の回数が多くなると、本人はもとより、胎児も酸素不足に陥りますので、早めの治療が必要です。

あわせてよみたい不眠症の知識

PMSによる不眠

アロマの香りで不眠症解消につなげる

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ