高齢者と睡眠薬

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

高齢者と睡眠薬

高齢者と睡眠薬のイメージ

高齢になると途中で目が覚めてしまったり早朝に目が覚めてしまうような不眠の症状が多くなりますが、その場合、睡眠薬を取り入れるのは有効的でしょうか?最近は薬局などでも睡眠導入剤が購入できるのですが、高齢者が服用するには、危険もあるようです。

年齢を重ねることで、代謝や消化などに機能が低下してきます。ですから、睡眠薬が体に残ってしまい、効果が長く続いてしまう危険性があります。夜中に目が覚めてトイレなどに行こうとして、足元がおぼつかなくなってしまい、転んでしまうという危険も考えられます。高齢者は転ぶことで骨折してしまい、回復も遅いので、そのまま寝たきりになってしまうなんてことも考えられるのです。

また、睡眠薬を飲むことで、意識が朦朧としてしまうこともあり、痴呆症に発展してしまうこともあるといわれています。

このようなことから、高齢者はむやみに睡眠薬を取り入れないほうがいいでしょう。まずは、無理のない運動を取り入れたり、睡眠ホルモンであるトリプトファンを食べ物から取り入れてみるなど、生活や食事を見直してみましょう。また、睡眠薬ではなく、漢方薬を取り入れてみるのもいいのではないでしょうか?

 

あわせてよみたい不眠症の知識

高齢者と不眠

妊婦の不眠とホルモンの変化

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ