子供の睡眠障害について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

子供の睡眠障害について

子供の睡眠障害についてのイメージ

子供が学校で居眠りをしたり、落ち着きがなかったりして、不眠症などの睡眠障害を心配される場合は、まずいちばん最初に扁桃腺のチェックをしましょう。扁桃腺は、5~8歳くらいのときに、一生のうちで最も大きくなります。眠りについて全身の筋肉がゆるむと、扁桃腺がのどをふさいで、空気の通り道を狭くすることがあるといいます。一時的に呼吸が止まり、眠りが浅くなる状態が繰り返されます。これは子供の無呼吸症候群にあたります。睡眠が足りないため、日中に眠たくなり、口を半開きにしてボッーとしている子供がいるようです。集中力が続かず、成績が下がったり、キレやすくなる傾向があります。

いびきをかきますが、寝室が別だと気づかないケースが多いので、時々、子供の部屋を覗いてみるといいかと思います。病院で診察を受けて扁桃腺が腫れている場合は、取り除くと治ります。太っている子供も、無呼吸になることがあります。生活全体を見直し、減量すると症状がよくなります。大好物の甘い飲み物を飲まなくなって、成績が上がったという子供の例もあります。

また、よい睡眠を導くには、寝る3時間くらいまえに食事を済ませておくといいです。成長ホルモンがしっかり出るように、8時間は睡眠をとるのが理想的です。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の治療するには?

こどもに多い睡眠障害

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ