昼間の行動にも気をつけて不眠症を改善する

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

昼間の行動にも気をつけて不眠症を改善する

昼間の行動にも気をつけて不眠症を改善するのイメージ

不眠症を改善する方法にはいろいろな方法がありますが、起きている時間の行動に気をつけるという方法もあります。その方法は、交感神経を興奮させないことです。

交感神経を興奮させないために大切なことは、昼間に興奮しすぎない、カフェインに気をつける、寝る準備をするということです。

まずは昼間に興奮しすぎないこと。昼間に興奮しすぎると、夜になっても興奮が落ち着かないこともあり、そんな交感神経が興奮している状態では、眠れるわけがありませんね。不眠症を改善したいという人は、怒ったり怖がったり、スポーツ観戦で興奮しすぎないように気をつけましょう。

次に、カフェインの量です。温かいお茶などは、気持ちを安らげてくれる効果がありそうですが、緑茶や紅茶などには実はカフェインが多く含まれているようです。カフェインを取ることで交感神経が興奮してしまい寝付けなくなってしまいます。カフェインには気をつけ、不眠に悩んでいる人は、少なくても夕方以降はカフェインをとらないようにしましょう。

そして、寝る準備をすることです。パソコンやテレビなどを夜の楽しみにしている人も多いと思いますが、電気などの光は、脳を興奮させてしまうのです。ですから、最低でも寝る3時間前にはテレビを消し、暗めの部屋でゆったりと過ごすといいですね。

交感神経を落ち着かせるためには、ぬるめのお風呂に入ることなども効果的です。睡眠だから夜だけ気をつければいいのではなく、昼間の行動にも気をつけてみましょう。

 

あわせてよみたい不眠症の知識

アルコールは不眠症改善に効果的?

不眠症の治療するには?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ