高照度光治療の方法とは

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

高照度光治療の方法とは

高照度光治療の方法とはのイメージ

生体リズムが乱れてしまうことが原因のひとつで不眠症に場っている場合、高照度光治療が効果的といわれています。

目に強い光を取り入れることで、生体リズムを正しくする方法です。
2500ルスク以上の光を浴びることで、生体リズムを整えることができるのです。

太陽光でもできないわけではありませんが、太陽光はそれほど光が強くないので、2から3時間は太陽光を浴びている必要があるようです。部屋の光でも可能ですが、やはり専門の機器を使ったほうがいいでしょう。

高照度光治療の機器は、スタンド式のものから携帯できるものなど、形もさまざまのようです。もちろん値段も1万円から5万円ほどと開きがありますが、5000ルクス以上出るのなら、値段と効果に変わりはないようです。

5000ルクスのものを使った場合、光を当てている時間は40分ほどがいいようです。

高照度光治療を行う時間帯は、朝方です。朝行うことで、生体リズムを整えることができるようです。夜勤など仕事があり朝にできない人は、寝起きに使うといいようです。朝方に使うと逆効果になってしまうこともあるようなので、気をつけましょう。

高照度光治療で生体リズムが整うことで、不眠症が改善された人もいるようです。
効果に個人差はありますが、効果的な方法とは言われているようです。

あわせてよみたい不眠症の知識

生体リズムとは?

耳栓を使ってみる

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ