快適に眠ることができる、温度と湿度

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

快適に眠ることができる、温度と湿度

快適に眠ることができる、温度と湿度のイメージ

寝るときに寒かったり暑かったりすると目が覚めてしまう経験がありませんか?不眠を解消するためには、寝室の温度や湿度を快適に保つことも大切になります。

人間が気持ちよく眠れる温度は、32度から33度といわれています。それは皮膚の表面温度と同じ温度です。ただ、32度から33度というのは、布団の中の温度であって、室温ではありません。室温で32度から33度だと、暑すぎてしまいます。

快適な室温はというと、季節によって違ってきます。夏場は24度から27度くらい。そして、冬場が14度から17度くらいです。そして、春や秋は19度から21度くらいのようです。とはいえ、春や秋はそのままでも寝やすい季節なので、気をつけるのは夏場と冬場です。

エアコンなどがあれば温度調節するといいでしょう。もうひとつ、気をつけたいのは湿度です。いくら温度が適温でも、湿度が高いとむしむしと不快に感じてしまいますし、寝苦しくなってしまいます。

 

湿度は年間を通し、50から60パーセントが適切とされています。じめじめしやすい夏場には、除湿機を使い、乾燥しやすい冬には、加湿器などを使い、湿度を調節するといいでしょう。

また、部屋の温度や湿度を管理するためには、温度計や湿度計が必要になります。別々になっているものもありますが、温度計と湿度計が一緒になっているものがあると便利です。


 

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠に効果的なツボ

不眠症とカウンセリング

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ