睡眠障害を診断する病院での検査いろいろ

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠障害を診断する病院での検査いろいろ

睡眠障害を診断する病院での検査いろいろのイメージ

睡眠障害の治療では、睡眠に関する質問を含めた生活全般の問診をするだけで、当面、必要な治療の判断がつくことが少なくないといいます。その場合、いくつかの生活指導を行なって経過を見ることがあります。

睡眠日誌をつけるように指示されることもあります。担当医が睡眠日誌をチェックすると、患者の訴えでは把握しにくい病状や、その誘因が浮かび上がってくることが多いようです。患者自身も記録をつけることで、見えてくるところがたくさん出てきます。

問診の結果、病気などが関わっていると推測される場合は、それぞれの検査が必要です。精神面でチェックが必要な場合は、心理テストなどを行います。推測される病気によって、血液検査、尿検査、脳波検査、ホルモン検査、さらに心電図検査、CT検査などが必要なこともあります。

睡眠そのものの異常が疑われる場合は、終夜睡眠ポリグラフ検査を行います。別室に待機する検査技師の管理の下で一泊し、頭や顔、のど、胸、脚、などにセンサーなどを取り付けて、眼電図、筋電図、血液の酸素飽和度などを調べます。食道内圧を測定したり、寝ている状態をビデオで記録することもあります。この検査により、睡眠の質、睡眠呼吸障害の程度、下肢の働き、脈の乱れなどを、一度に評価することができます。

夜間の睡眠状態を検査する方法では、自宅で行なう簡易検査もあるようです。睡眠時に指にセンサーをつけ、血液の酸素飽和度を調べます。脳波や筋電図、下肢の働きは調べられませんが、睡眠時無呼吸があるかどうかのふるい分けは可能です。通常は、この検査を受けてから、必要であれば、終夜睡眠ポリグラフ検査を受けるようです。

日中の眠気の強さを調べるには、睡眠潜時反復検査を行います。これは一日何回か、睡眠ポリグラフ検査を測定するものです。おもに過眠症の診断に用います。

あわせてよみたい不眠症の知識

コーヒーの飲み過ぎは不眠の原因にもなります

不眠症の治療の実際①

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ