コーヒーの飲み過ぎは不眠の原因にもなります

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

コーヒーの飲み過ぎは不眠の原因にもなります

コーヒーの飲み過ぎは不眠の原因にもなりますのイメージ

コーヒーや紅茶などに多く含まれるカフェインは、覚醒作用があります。人によって異なりますが、摂取後、30分くらいから効き始め、持続時間は通常4~5時間といわれています。

このため、夕方以降に飲むと、寝つきが悪くなり、寝ついてからも、深い眠りが起こりにくくなります。利尿作用もあるため、途中でトイレに行きたくなって、目が覚めてしまうこともあります。

カフェインは、コーヒーや紅茶のほか、玉露などの緑茶、ココア、コーラにも含まれます。ウーロン茶などにも含まれるタイプが多いようです。チョコレートにも含まれます。

また、栄養ドリンクといわれるものの中には、カフェインの覚醒作用で一時的に元気をつけるタイプのものがあります。かぜ薬や鎮痛薬の中にも、カフェインを含むものがあります。

風邪気味なので栄養をつけよう、とこのタイプの栄養ドリンクとかぜ薬を飲んだりすると、カフェインのために、かえって眠りの質が悪くなることがあります。栄養ドリンクやかぜ薬、鎮痛薬を買うときは、必ず成分表示を確認するようにしましょう。

眠りの質をよくするには、夕食にカフェインをとらない方がいいでしょう。

カフェインを含まない飲み物として、おすすめなのが温かい麦茶、鎮痛作用のあるハーブティー。カフェインレスのコーヒー、レモンやゆず風味のついた水やホットドリンク、ミネラルウォーターも様々なタイプを楽しむとよいでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠を改善する食事・食べ物【昼食・夕食】

睡眠障害を診断する病院での検査いろいろ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ