不眠を改善する食事・食べ物【昼食・夕食】

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠を改善する食事・食べ物【昼食・夕食】

不眠を改善する食事・食べ物【昼食・夕食】のイメージ

昼食は朝食に次いで、大事な食事です。バランスよく食べておくと、夕食を軽くすませられ、夜の眠りの質がよくなります。おかずは、外食やテイクアウトのお弁当などでも、野菜や魚などにポイントをおいて選びます。コンビニでおにぎりとおかずのパックの組み合わせを選ぶのもいいでしょう。料理の手間のかかる煮物などを選ぶとお得かもしれませんね。具沢山の即席みそ汁などもおすすめです。

夜の遅い時間帯に重い食事をとると、消火活動のために寝つきにくくなり、また浅い眠りになってしまいます。翌朝は適度な空腹感がないため、食欲がわかない、朝食を抜く、といった悪循環にもつながります。特に肉中心、あるいは油のつかった料理が多いと、消化に時間がかかり、身体のエネルギー代謝を高めます。眠るために体温を下げるべきところで、逆に体温が上がってしまいます。質の良い眠りを得るためには、夕食は軽めに、また、寝る3時間くらい前までに済ませておくのが原則です。これは、肥満やそれに伴って起こる生活習慣病の予防にも大事なことです。

残業などで夕食が夜食になってしまいそうな場合は、午後6~7時に頃に軽く食べておくとよいでしょう。おにぎりやパンなどの糖質と、乳製品などでたんぱく質とカルシウムをとっておくと、その後に落ち着いて作業をこなしやすくなるでしょう。周囲の目が気になって夕方に軽食をとれなかった人が、思い切って軽食をとることにしたら夜食が軽くてすみ、体重が減り、熟睡できるようになった例もあるようです。

本来あるべき夕食の時間帯に食べておくと、体内リズムが整います。この時間帯に食事を食べて体温を高めておくと、その後に体温を下げやすく、寝つきが良くなり、不眠解消につながります。

あわせてよみたい不眠症の知識

豆乳を飲んで不眠症改善

コーヒーの飲み過ぎは不眠の原因にもなります

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ