不眠症とうつ病

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症とうつ病

不眠症とうつ病のイメージ

現代病のひとつとなっている、うつ病。うつ病は人口の5パーセントが発症しているといわれていて、それは年々増え続けているようです。そのうつ病ですが、不眠症と深い関係があるようです。

たとえば、うつ病で悩んでいるうちに不眠症になったり、不眠症だと思っていたら、それがうつ病の初期症状だったということもあるようです。うつ病の主な症状には、気分が落ち込んでいる、何も楽しくないし面白くない、笑顔になれない、食欲がない、食欲が増加した、強い罪悪感があるなどです。これらの症状がひとつではなく、いくつも当てはまる場合には、うつ病である可能性が高いようです。

寝つきが悪かったり、悩みがあって眠れないという場合などは、うつ病である可能性もあるので、気になる場合には受診してみるといいのではないでしょうか。

病院を受診しにくい場合には、専門機関などもあるようなので、相談してみましょう。不眠症でもうつ病でも、早期発見、早期治療が効果的です。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠を改善する食事のとりかた【朝食】

豆乳を飲んで不眠症改善

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ