不眠を改善する食事のとりかた【朝食】

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠を改善する食事のとりかた【朝食】

不眠を改善する食事のとりかた【朝食】のイメージ

食事は睡眠と深い関わりがあります。一日の中で3度の食事をとることは、生活の中での節目となり、体内時計の刻みを調整するうえで大事な役割を果たします。

朝食では、前日の夕食以来、途絶えていた栄養をしっかりと補給する必要があります。まず、補給したいのは、水分とブドウ糖。どちらも睡眠中に足りなくなった分を補わなければなりません。水分は血液の流れをスムーズにし、胃腸を目覚めさせる効果があります。ブドウ糖は全身の司令塔である脳のエネルギー源として欠かせません。コーヒーや紅茶にパンの組み合わせは、水分と糖質の補給ということで、最低限の朝食です。朝のカフェインは目覚めを促す効果もあります。果物を加えると、吸収の早い果糖と水分、さらにビタミン補給に役立ちます。

ただし、一日の活動源としては、これだけでは足りません。体温を上げて活動モードを高めるためには、糖質とともにたんぱく質が必要です。乳製品や卵、みそや納豆、豆腐なども、少しでもとっておきたいものです。細胞の働きを調整するビタミンやミネラルも必要です。野菜は一日350グラム以上とることが勧められていますが、それには朝食で100~150グラムくらいとっておく必要があります。キャベツの葉一枚にはおよそ100グラムに相当します。

野菜スープとパンにチーズ、残りご飯と野菜の卵雑炊などなら、手軽で素早く用意できるでしょう。野菜はザクザクと大きめに切ると、あごも歯もしっかり動かすことになり、脳の活性化に役立ちます。前日の夕食で食べたカレーでカレーうどんにするのもお勧めです。スパイスの効果で活動モードになります。

朝食は、ともにするとおろそかにされがちです。しかし、「一日の計は朝食にあり」といっても過言ではありません。たとえ5分でも、毎朝、規則的に食事をとる習慣をつけると、その一時間ほど前から消化器系の活動が活発になり、目覚めを促してくれるようになります。朝食後にトイレタイムを作れば、便秘の予防にもなります。

最近は大人だけでなく、子どもたちの間でも朝食抜きが問題になっています。朝の集会で立っていられなかったり、授業中にだるそうにしている子供が少なくないそうです。朝食は一日の活力源として欠かせませんが、眠りのリズムを整えるうえでも大切ですので、不眠が気になる人は朝食をとる習慣を身につけましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症で病院に行く際に確認・準備しておくこと

不眠症とうつ病

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ