不眠症で病院に行く際に確認・準備しておくこと

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症で病院に行く際に確認・準備しておくこと

不眠症で病院に行く際に確認・準備しておくことのイメージ

精神科、あるいは神経科、心療内科を受診する場合は、必ず事前に「睡眠について相談したい」ことを伝え、「専門医がいるかどうか」、外来診察日時、予約の要・不要を確認します。多くの場合、健康保険が適用されますが、念のため、健康保険が適用されるかどうかも確認してください。診察日までに時間的な余裕がある場合は、睡眠日誌をつけて持参すると診断の役に立つでしょう。

睡眠障害の診断では、問診が重要な判断材料となるようです。診察の際には、特別な注意はいらないです。リラックスして相談したい内容を伝えます。悩み事や心配事は率直に伝えることが大切です。「こんなことを言うと笑われるかもしれない」とか、「これは気になるけど、多分関係ないだろう」などと自己判断せずに後悔することのないように話しましょう。

以下項目が問診で聞かれることの多い内容です。他に、症状が気になりだしたのは、いつごろか、その後、どのように変化したか、といった情報を時系列で簡単にメモしていくと、担当医師は整理をしやすく参考になるようです。寝室を一緒にしている人がいる場合は、睡眠中のようすを聞いておくと役に立つでしょう。異常がある場合は、同行して様子を話してもらうといいでしょう。

【問診でよくある質問】

①なかなか寝付けないか? ②夜中に目が覚めるか? ③早く目が覚めて困ることはないか? ④睡眠時間が足りないと感じるか?

⑤夜の睡眠の質について ⑥日中の気分について ⑦日中の活動について(身体的・精神) ⑧日中の眠気について 

⑨睡眠が不規則でないか? ⑩月経前の不調について ⑪夜中のトイレの回数 ⑫夜中の気になる症状 ⑬起きたときの不快な症状

⑭平日の就寝時刻 ⑮平日の起床時刻 ⑯休日の就寝時刻 ⑰休日の起床時刻 ⑱昼寝は何分くらいするのか?

⑲昼寝をする時間帯 ⑳睡眠時間の合計 ㉑お酒の量と飲む時間帯 ㉒カフェイン飲料の量と飲む時間帯 ㉓喫煙本数

㉔これまでにかかった病気 ㉕現在かかっている病気 ㉖使っている薬 ㉗現在、妊娠中か? ㉘家族構成

あわせてよみたい不眠症の知識

老人の不眠について

不眠を改善する食事のとりかた【朝食】

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ