老人の不眠について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

老人の不眠について

老人の不眠についてのイメージ

年を重ねると、体内時計のリズムがだんだんと前倒しになり、早寝早起きになっていくといわれています。また、外での活動が減るため、一日の中の体温変化のメリハリが鈍くなったり、睡眠を促すメラトニンの分泌量が減少することがわかっています。
久しぶりに外出したり、孫の相手をした夜は、ぐっすり眠れるといったことはよくあるようです。日中に活動的な生活をして光を浴びると、メラトニンがよく出て寝つきやすくなります。

睡眠が足りているのに、睡眠薬を飲むと、確かにある程度多く眠ることができますが、目覚めたときにボッーとしてしまいます。眠りが足りなくて体調がよくないときは、まず、その原因を突き止めることが大切です。例えば、老人になると起こりやすい関節痛や筋肉の痛みは、眠りを妨げます。女性は閉経以降、睡眠時無呼吸症候群にかかりやすくなるともいわれています。そのために睡眠が不足することもあります。
服用している薬のために眠りにくくなったり、反対に眠気が増すこともあります。薬の処方を調整してもらう方がいいケースも考えられます。
さらに、老人になると、眠りが浅いこともあって、若い頃には気にならなかった騒音や光、寝具の状態などが気になり、眠りにくくなることもあります。寝室の環境を見直すことも重要なポイントです。

あわせてよみたい不眠症の知識

女性高齢者の不眠について

不眠症で病院に行く際に確認・準備しておくこと

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ