女性高齢者の不眠について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

女性高齢者の不眠について

女性高齢者の不眠についてのイメージ

閉経以降は、眠りの形も中身も若いころとは異なってきます。一つには、女性ホルモンが少なくなることで、睡眠が浅くなるのではないかと考えられています。もっと影響するのは、年齢を重ねることによる変化です。年をとると、男女を問わず、寝つきが悪くなったように感じられ、夜中に何度も目が覚めやすくなり、朝も早く目が覚めるようになります。

これは睡眠の質が悪くなったというよりも、年齢相応に変化したと考えるほうが合っているのかもしれません。なぜなら、人の活動量は年とともに少なくなっていきます。そうなれば、活動に必要な睡眠時間は短くてすむことになります。

60歳を超えると、1日の睡眠時間は6時間程度で十分と考えられます。若いころから自分の睡眠時間は8時間が適量と思い続けていて、歳を重ねてからも8時間眠らないと満足しないと考えるのは、年相応では無い可能性が大きいのです。このことを認識していないと、最近はこれしか眠れない、といった強迫観念が強く働いて不眠症になる人も多いです。

また、「日光を浴びる」「散歩などの運動を行う」「昼寝は15分適度の短時間にする」など日中に積極的に活動することによって、夜によく眠れるようになります。

あわせてよみたい不眠症の知識

生理前の不眠

老人の不眠について

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ