生理前の不眠

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

生理前の不眠

生理前の不眠のイメージ

女性の月経周期は、およそ28日間を一つの周期としています。月経後の排卵の準備期間である排卵期と排卵後の黄体期にわかれます。

黄体期は排卵後の卵子と精子が出会って妊娠が成立したときに備え、女性ホルモンのプロゲステロンが増加します。プロゲステロンは受精卵が子宮内で育ちやすいように、子宮内膜をベッドのように厚く整えますが、受精~妊娠が成立しないと分泌されなくなります。すると、子宮内膜がはがれ、月経血となって排出され、次の排卵の準備が始まります。

プロゲステロンには基礎体温を上げる作用があり、黄体期の体温は卵胞期よりも0.5度くらい高くなります。このため、卵胞期は低温期、黄体期は高温期とも呼ばれます。

体温は一日の中でも変動があり、夕方六時頃にもっとも高くなりますが、黄体期にはこの振幅が小さくなることがわかっています。とくに夜の体温の下がり方が十分でなくなり、このために夜の眠りが浅くなり、日中に眠気を起しやすくなるといわれています。この傾向は、とくに黄体期の後半、つまり月経前に強まります。

女性の約4割は、月経前、あるいは月経時に、いつもと違った睡眠状態になるというアンケート結果による報告があります。また、そのうちの43%は月経前の過眠、51%は月経時の過眠を自覚しています。また、少数ですが、月経前あるいは月経中に不眠を訴える人もいます。寝付くまでに時間がかかったり、途中で目が覚めたりするといった事例が多いようです。

黄体期には、眠りを誘うメラトニンの分泌が低下しているとの報告があります。また、セロトニンという脳内物質の分泌が減って、イライラや落ち込みを引き起こすとの考えもあるようですが、まだはっきりとしたことは解明されていません。

月経前の睡眠の変化は多くの女性が経験しますが、そのために日常生活に差し障りがある場合は、まず、月経前の時期になったら、意識して日中に光を浴び、活動的でメリハリのある生活を心掛けましょう。気分転換を心掛け、過労を避けることも大切です。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠治療に効果がある薬

女性高齢者の不眠について

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ