不眠治療に効果がある薬

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠治療に効果がある薬

不眠治療に効果がある薬のイメージ

不眠の治療をする場合、生活習慣を改善したり、環境を改善したりしながら治療を進め、必要に応じて薬が処方されます。

薬には大きく分けて2種類あります。

1つは睡眠導入剤。寝つきが悪いという患者さんに処方され、筋肉を弛緩させたり、自律神経のバランスを整えてくれる効果があります。

そしてもう1つは睡眠薬。睡眠薬といっても種類が多いので、一人ひとりの状態に合わせて処方されているようです。

最近主流となっているのは、ベンゾジアゼピン系。副作用が少なく、安全性が高い薬のようです。ほぼ自然に近い状態で睡眠がとれる効果や、不安を抑えてくれる効果があるようです。ベンゾジアゼピン系でも、トリアゾラム、テマゼパムなどは、超短時間作用型。エスタゾラム、フルニトラゼパムなどは、短時間・中間作用型。ジアセパム、フルラゼパムなどは、長時間作用型と分けることができます。チオペンタール、アモバルビタール、バルビタールなどの

バルビツール酸系は、効果が強い薬ですが、長い期間使用すると副作用が出てしまうこともあるようです。

そのほか、プロムワレリル尿素、グルテミドなどは非バルビツ-ル酸系といわれ、ペルラピン、ゾピクロンなどの薬もあります。

人によっては頭が重く感じたり、ふらつきなどの副作用が出る場合もあるので、睡眠薬は医師と相談しながら取り入れ、処方を守りましょう。薬のほかには、漢方を取り入れるという方法もあるようです。

 

あわせてよみたい不眠症の知識

ゴールデンタイムとは

生理前の不眠

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ