ゴールデンタイムとは

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ゴールデンタイムとは

ゴールデンタイムとはのイメージ

睡眠にはゴールデンタイムという時間帯があるのを知っていますか?美容の興味がある人は聞いた事があるかもしれませんね。

ゴールデンタイムは、午後10時から午前2時頃のことを言います。この時間帯に深い睡眠をとっていることで、多くのメリットがあるのです。

まず、美容面では、皮膚を作る細胞分裂が、このゴールデンタイムに一番活発に行われているのです。ですからこの時間帯に寝ていることが美容に大きな効果を与えるといわれています。

また、ゴールデンタイムには成長ホルモンの分泌を促す効果があります。成長ホルモンは、名前からもわかるように、子どもの体を成長させるホルモンです。寝る子は育つなんて昔から言いますが、このゴールデンタイムにしっかり寝ていることで成長を促すことができるようです。

成長ホルモンは子どもだけではなく、大人にも関係していきます。成長ホルモンは老化防止効果があるのです。また、疲労回復にも大きく関係しています。

同じ5時間睡眠をとるにしても、午後10時から午前2時まで眠るのと、午前3時から午前8時まで眠るのでは、成長や疲労回復、美容などに大きな差が出るといわれています。ですから、午後10時は難しくても、できれば12時までには布団に入りたいものですね。

 

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠は何時間がベストなの?

不眠治療に効果がある薬

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ