眠りのメカニズムを知ろう

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

眠りのメカニズムを知ろう

眠りのメカニズムを知ろうのイメージ

不眠症を改善するためにはまず、眠りのメカニズムを知っておきましょう。人間の身体には生まれたときから体内時計が存在しています。

体内時計は太陽の光などが大きく関係しているといわれ、脳の視交差上核という部分に光が働きかけることで、体内時計が調節されているようです。

また、交感神経、副交感神経という2つの自律神経も体内のリズムに関係しています。日中は交感神経が有利に働き、夜には副交感神経が働きます。この副交感神経が身体を休め睡眠をとることと関係しています。

また、網様体といわれる、脳の一番奥にある部分も眠りと関係しているようです。網様体は脳に体の刺激を伝える役割があり、朝になえると音や光からの刺激を脳に伝えます。そうすることで脳が目を覚まし、活動的になります。そして、夜になると刺激が減り、網様体の働きも鈍るので脳も休息し、
眠くなってくるという仕組みです。

このようなメカニズムで、眠りはコントロールされています。

あわせてよみたい不眠症の知識

食欲と眠りは関係している?

睡眠は何時間がベストなの?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ