禁煙中の不眠について

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

禁煙中の不眠について

禁煙中の不眠についてのイメージ

基本的に喫煙習慣は、充実した眠りを妨げるものです。タバコのニコチンには、興奮作用があり寝付きを悪くします。また、ニコチン切れになることで、夜中に目が覚めやすくやすくなるのです。夜中に目が覚めてタバコを吸ったら眠れなくなり朝型になっていた、という経験をしたことがある人もいるかと思います。なので、不眠症に悩んでいる場合は、タバコをやめることをオススメします。

注意点として、禁煙中に不眠になる人もいるようです。禁煙して間もない時期は、いわゆるニコチン離脱症状の一環で、不眠になることがあるようです。しかし、それは一時的なものであって、だんだんと体からニコチンが消えていくにつれて、タバコを吸っていたときよりグッスリと眠れるようになります。決して諦めずに禁煙を続けていくことをオススメします。

ニコチン離脱症状による不眠は、体質的なものもあり、ならない人は全くなりません。禁煙による不眠が苦しいようであれば、現在では「禁煙外来」というものがあり、病院で専門医師による禁煙アドバイスが受けられます。ニコチンパッチによる段階的な禁煙方法もあるようなので、相談してみるのもいいかもしれません。

「タバコは百害あって一利なし」とよくいわれますが、まさにその通りです。タバコを吸っていて、メリットなんて一つもありません。よく「タバコをやめたらストレス解消できない」といわれますが、あれもニコチン離脱症状によるものなのです。ニコチンが切れて、穴埋めをすることによって、気持ちいい~となるのです。タバコを吸っている限り、その穴埋めをし続けなければ、ニコチン切れによるイライラは止まらないのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の悩みについて

頭痛を伴う不眠について

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ