不眠症の悩みについて

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の悩みについて

不眠症の悩みについてのイメージ

眠りの悩みは人に話しにくいものです。また、話しても理解してもらえないのでは、という気持ちから、一人で我慢している場合も多いと聞きます。しかし、自分の眠りに満足していない人は結構いるそうです。日本人のおよそ5人に1人が、自分の眠りに何らかの不満をもっているという調査があります。

3万2千人を対象とする国の調査では「朝起きたときに熟睡感がない」が約24%で最も多くなっています。「朝早く目が覚めてしまう」が約22%、「夜中に何度も目が覚める」が約20%、「なかなか寝付けない」が約17%となっています。

睡眠障害には、よく眠れない不眠症、日中に猛烈に眠くなる過眠症、眠りのリズムが乱れる障害などがあります。なかでも多いのが、夜の睡眠がしっかりとれないという不眠症で、これは日中の生活に悪影響を及ぼします。

必要な睡眠がとれていないと、日中にボーッとして気分がすぐれなくなったり、能率が低下する、あるいはウトウトしたり、居眠りしないでいられなくなったりします。日中にしっかり活動できなかったり、必要以上に居眠りをしてしまうと、夜に眠るための睡眠物質の準備ができず、ますます寝付きにくくなったり、夜の睡眠の質が低下します。不眠から過眠、そして不眠の悪循環が生じてしまいやすくなるのです。

睡眠不足はよふかしなどが原因のこともありますが、不規則勤務や睡眠時無呼吸症候群などの病気で起こることもあります。また、自分は短時間睡眠でも大丈夫と頑張っている人にもみられます。こういった不眠症の悩み、あるいは自覚していない異常には、さまざまなタイプがあり、その病状、原因によって対処法が異なります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠に効くツボ【ストレスで眠れないとき】②

禁煙中の不眠について

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ